(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ハンガリー
記事タイトル *極右政治家、ユダヤ人であることを告白
本文テキスト  極右政党ヨッビク(第三党)の幹部で、過激な反ユダヤ発言を繰り返してきたセゲディ欧州議会議員は7月30日、自らがユダヤ人であることを告白し、ヨッビクを離党した。同氏は29歳となる現在まで、母方の祖父母がユダヤ人であることを両親から告げられていなかった。ユダヤ教では、ユダヤ人の母親から生まれた者はいかなる信仰・信条を持とうともユダヤ人とされるため、祖母に真偽を確認したところ、祖母はアウシュヴィッツ強制収容所の生き残りであることを打ち明けたという。欧州では差別を怖れ、ユダヤ人であることを周囲に隠し、子供にも告げないケースは稀ではない(SANKEI EXPRESS8/21)。
Copyright(c) Religious Information Research Center