(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆レバノン
記事タイトル *シリアの宗派対立飛び火
本文テキスト  シリア内戦における宗派対立の構図が周辺地域にまで及んでいる。8月15日、レバノンにてイスラム教スンニ派から成るシリア離反兵士組織「自由シリア軍」20人以上が、同地の親アサド政権のシーア派部族によって拉致された。これは2012年5月以降、シリア国内で反政府組織がシーア派レバノン人11人、イラン人48人を拘束し、人質にしている行為への報復とされる。これを受けスンニ派の周辺諸国、サウジアラビア、カタール、UAEなどはレバノン滞在中の自国民に対し同地からの即時退去を促している(毎日8/17)。北部トリポリでは8月21-25日、シーア派とスンニ派の戦闘が起き、16人の死者、多数の負傷者を出した。2005年までシリア軍により実行支配されていたレバノンは、シリア内戦の影響を強く受け治安は悪化の一途をたどっている(赤旗8/26)。
Copyright(c) Religious Information Research Center