(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆シリア
記事タイトル *最大規模の虐殺
本文テキスト  7月12日、中西部ハマにて政府軍と親政府系民兵による住民虐殺が行われ250人以上が死亡した(赤旗7/14)。8月27日には、反体制活動を主導するスンニ派が多く居住する首都ダマスカス近郊のダラヤにて、200人以上の遺体が発見された。虐殺の多くは政府軍がヘリや戦車で攻撃した後、イスラム教アラウィ派の政府系民兵集団「シャビーハ」がナイフや銃で行っているとされる(毎日8/27ほか)。
 シリア人権監視団体の7月28日の発表によると、2011年3月の反政府運動開始以後、シリア内戦の死者は2万人を超え、うち市民が1万4千人、軍の離反兵が千人、政府軍が5千人だという(東京7/29)。このような状況を受け、反政府系組織「シリア国民評議会」は、軍事介入が可能となる国連憲章の決議を即時採択するよう国連安保理に訴えている(毎日7/14)。
Copyright(c) Religious Information Research Center