(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年7月-9月
号数 56
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆アフガニスタン
記事タイトル *治安部隊員による駐留兵殺害相次ぐ
本文テキスト  警官や国軍兵士による駐留外国人兵への攻撃が相次いでおり、1-9月半ばまでに51人が死亡した(赤旗9/21)。アフガンの警官らと駐留外国人兵は、本来はタリバンを共通の敵とする「仲間」。2014年のISAFの撤退とアフガンへの治安権限移譲を視野に、ISAFは地元治安部隊の訓練を進めてきた。タリバンが両者の連携の妨害を意図して警察に紛れ込んでいるという指摘がある一方(東京8/16ほか)、タリバンの関与は少なく、米兵によるコーラン焼却事件などによる反外国人兵感情の高まり[→ラーク便り55号34頁参照]を背景にした個人的な犯行という見方もある(読売8/22ほか)。
 こうした状況を受け、駐留米軍は9月2日、アフガン地方警察の新人警官約千人に対する訓練中断を発表。約1万6千人の地方警察の身元調査が行われた(読売9/4ほか)。一方アフガン国防省は同月5日、タリバンとの連携が疑われる兵士数百人を逮捕または除隊させたと報告(朝日9/7ほか)。しかし、9月11日以来イスラム圏で抗議デモを引き起こしている米映画は、駐留外国人兵襲撃を加速させており、ISAFは18日、活動の一部縮小を発表した(産経9/20)。
[→小特集(3)参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center