(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年4月-6月
号数 55
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *大飯原発再稼動に反対表明 宗教界全体は
本文テキスト  野田佳彦首相の大飯原発再稼動発言を受けての宗教者の動き。京都宗教者平和協議会、京滋キリスト者平和の会など京都宗教者の4団体は再稼動反対を14日に関西電力京都支店において申し入れ、12日には野田首相あてに抗議文を送付した。抗議文には「原発の運営がこれまでに累計50万人を超すとされる被ばく労働者の犠牲の上に成り立っており」の文面がある(9日付、14日付、16日付)。宗教界全体の原発に対する姿勢について中外日報の記事は次のように記している。<宗教界はこれまでに、「原発に依存しない社会」を求める宣言、声明を全日本仏教会、臨済宗妙心寺派が発表し、日本カトリック司教団が原発の即時停止を求めるメッセージを発表。一方、「原発関係者の生活への配慮」を理由に慎重な教団もあり、対応が割れている>(16日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center