(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年4月-6月
号数 55
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ノルウェー
記事タイトル *連続テロ犯の公判開始
本文テキスト  2011年の連続爆破・乱射事件でテロと計画殺人の罪に問われているブレイビク被告の裁判が4月16日、オスロ地裁で始まった。被告は法廷に入ると右腕を斜め上に突き上げる極右式の敬礼を行い、殺害は間違ったことだと分かっていたが、欧州をイスラムから救うための行為で「正当防衛」につき無罪であるとの持論を展開した。裁判の争点は被告の責任能力の有無であるが、同被告は、精神障害であるとの鑑定結果を「究極の屈辱」と批判し、自分には責任能力があると述べている。判決は8月24日に言い渡される(朝日4/17ほか)。
→『ラーク便り』53号46頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center