(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年4月-6月
号数 55
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ドイツ
記事タイトル *臓器移植法改正をめぐり議論白熱
本文テキスト  6月15日、臓器移植法の一部改正が連邦参議院で承認され、16歳以上の国民に医療保険機関が臓器提供の意思について定期的に確認することが定められた。同法改正をめぐり、国会では、スペイン・ポルトガル・フランス等に倣い、提供拒否の意思を明確に示していなければ臓器提供に同意とみなす制度を取り入れるか否かが議論の焦点となった。これらの国では、事前に同意の意思表示が必要なドイツ・オランダ・英国等の2倍程度の臓器提供が行われていることから、保健大臣や医療関係団体が同提案を強く支持していたが、与野党ともに懸念が根強く、支持は集まらなかった(東京6/17)。
Copyright(c) Religious Information Research Center