(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年4月-6月
号数 55
媒体 国外
大分類 【5. アフリカ】
小分類(国名等) ◆ナイジェリア
記事タイトル *北部で続くキリスト教を狙ったテロ
本文テキスト  北部でイスラム過激派ボコ・ハラムの犯行とみられるキリスト教を狙ったテロが続いている。4月8日には北部カドゥナの教会近くで復活祭のミサを狙い、爆発物を積んだ車が爆発。少なくとも38名が死亡(東京4/10ほか)。29日には北部カノで武装集団が大学の野外で礼拝していたキリスト教徒らを襲撃、約20名が死亡(産経4/30ほか)。6月3日には北部バウチの教会で爆発、少なくとも12名が死亡(毎日6/4)。17日にはカドゥナ近郊で5ヶ所のキリスト教会で爆発があったのを契機にイスラム教徒とキリスト教徒の間で抗争が勃発、双方で100名以上が死亡した(朝日6/21ほか)。同国ではキリスト教徒が多い南部に油田や産業等が南部に集中し、イスラム教徒が多い北部との地域格差が拡大しており、北部のイスラム教徒の間でボコ・ハラムを支持する土壌が広がっている(毎日5/24)。
Copyright(c) Religious Information Research Center