(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年1月-3月
号数 54
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *全日仏 原発事故差別で学習など
本文テキスト  全日本仏教会(全日仏)は2月8日に京都市の浄土宗西山禅林寺派総本山禅林寺で、「『風評』について」をテーマに人権問題連絡協議会を開いた。福島原発事故により<今なお多くの人が苦しんでいることに鑑みた>もので、講師は東日本大震災福祉現地対策本部長の吉田泉・民主党衆議院議員と飯館村の酪農家である長谷川健一氏。吉田氏は福島の子どもが差別されるような<人権侵害に対しては断固とした姿勢を打ち出す>と述べた。長谷川氏は村民が避難し、村の荒廃してゆく様子をスライドで示し、広島や長崎の時と同じく、福島でも差別が<現に起きている>と指摘した(16日付。中外日報14日付に同類記事)。
 河野太通・全日仏会長は2月20日に日本記者クラブに招かれ、脱原発を<改めて強調>し、かつての戦争協力と「原発問題に口を閉ざす雰囲気が重なる」と<憂慮>を示した(23日付。中外日報23日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center