(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年1月-3月
号数 54
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *建国記念の日 女性宮家創設問題に言及
本文テキスト  <「建国記念の日」の>2月11日に神武天皇を祀る奈良県の橿原神宮では勅使が参向して紀元祭が行われ、全国の神社でも祭典が行われた。東京では「日本の建国を祝う会」(大原康男会長)主催の奉祝パレードと、明治神宮会館における中央式典が開催された。式典にはブルガリア共和国など14ヶ国の在日外交団が出席。サンマリノ共和国のマンリオ・カデロ駐日大使が登壇し、東日本大震災の被災者に見舞いの言葉を述べた。決議においては女性宮家創設問題について「皇位継承の伝統に、いささかも傷をつけることがあってはならない」とし、<『古事記撰上千三百年』の節目にあたり「光輝ある歴史に回帰」することを掲げた。来賓祝辞は谷垣禎一・自民党総裁が挨拶し、政権奪取後は式典を政府主催で行うと<つけ加へた>(20日付。20日付に紀元節奉祝式典実行委員会による式典の記事、27日付に<論説建国記念の日>及び全国各地での奉祝行事の記事あり)。
Copyright(c) Religious Information Research Center