(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年1月-3月
号数 54
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *国家斉唱義務の予防訴訟敗訴 クリスチャンの意見
本文テキスト  都立学校の教職員約400人が都を訴えていた「国家斉唱義務不存在確認等請求訴訟」(通称「予防訴訟」)で最高裁第一小法廷は2月9日に原告の訴えを却下した。これに対し原告のクリスチャンの意見は次の通り。岡田明氏は、訴訟の中心だった原告は多くが定年退職し、「信仰ゆえにどうしても起立・斉唱・伴奏できないと思うクリスチャンだけが取り残されつつある」と現状を示し、そのクリスチャン教員も「多くの人が自分の教派、教会でも支援されない、むしろ批判されると泣いている」と明かした。木村葉子氏は、宮川裁判官が反対意見であり3人の裁判官が補足意見で都教委に自制を求めているととらえて、合憲論が「動揺して」いると指摘し、「教会は個人の尊厳について深くキリストから教えられている」ゆえ、教育や子どもに対し「責任があると思う」と語った(ク26日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center