(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年1月-3月
号数 54
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *2月11日「信教の自由を守る日」
本文テキスト  キリスト教界は2月11日の「建国記念の日」を、<紀元節の復活を危惧>して、「信教の自由を守る日」として、全国各地で講演会や祈祷会を行った。日本同盟基督教団「教会と国家」委員会は東京の同教団世田谷中央教会でキリスト者学生会(KGK)総主事の山崎龍一氏を講師に迎えセミナーを開催した。山崎氏は「『それ』は、信仰的なことでしょうか?―学生との対話から考える靖国・君が代・戦争責任-教会に仕える次世代に伝えたい信仰の自由」の題で講演。<熱心さだけで知恵がない信仰は、この世に飲み込まれてしまうと危惧>を表明し、<責任果たせる歴史観・世界観を>と語った。また同教団は関西では奈良県の生駒めぐみ教会でセミナーを開き、特別支援学校教員の奥野泰孝氏が「強制・競争・管理の学校教育に対峙して」と題して講演した(キ25日付。ク5日付及び26日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center