(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年1月-3月
号数 54
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *原発事故地帯の寺院の現状
本文テキスト  地震・津波と原発事故により福島県内外へ避難を余儀なくされている警戒区域(原発半径20km圏内)の2ヶ寺と、同区域の隣接地域2ヶ寺のレポート。檀信徒が離散し、住職も東京や福島市に避難しており<生活に疲労感>が出ている。浪江町の真言宗室生寺派大聖寺では2011年8月の盆施餓鬼法要は南相馬市の斎場で行ったところ、例年の倍の約400人が参列した。南相馬市の日蓮宗報恩教会の早坂本勝住職は震災直後に1日12時間、遺体安置所で読経を続けた。同住職にはPTSD(心的外傷後ストレス障害)がある。「どこに行っても『がんばろう!福島』という幟を見る。でも、もう頑張りたくない」(1日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center