(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年1月-3月
号数 54
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *大震災被災地僧侶のルポ「いのち寄り添う」
本文テキスト  東日本大震災被災現場の寺院と僧侶の働きを詳細にルポした連載「いのち寄り添う 大震災 苦の現場から」。福島県の原発事故被災地、宮城岩手両県沿岸部の寺院における2011年3月11日の地震当日から、その後に至る具体相を伝えている。以下、ごく一部を抜粋する。放射能汚染警戒区域での一時帰宅時、<防護服の上から衣と袈裟を着け住民たちの前で犠牲者に読経した。皆が押し黙り、家族全員を亡くした少年がひとり呆然としている>。仮土葬で供養を執行した住職は<悲惨な死の上に土に埋められることに、立ち会う遺族の苦悩が痛いほど伝わった>。葬儀をめぐるトラブルが報道された一方、<震災以降は各地で布施なしで供養する僧侶も目立つ>(14日付-28日付の毎号)。
Copyright(c) Religious Information Research Center