(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年1月-3月
号数 54
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *熊本県 宗教法人認証で信教の自由侵害
本文テキスト  熊本県八代市の耶智輪観音真立宗真心院(澤村心真唯教主)は、2011年12月8日に京都仏教会が相国寺で開いた「国家と宗教研究会」において同院の宗教法人認証時に熊本県が信者名簿提出を要求し、無作為に個別に信者か確認していたことを明らかにした。同院は13年かかって2007年に法人登記している。これについて文化庁宗務課は「オウム事件以降、宗教団体でないものが宗教法人格を取得することがないよう、行政としても注意している」が、「信教の自由を侵害することがないよう最大限配慮している」と述べた。また県当局は「疑問がある場合を除き、信者の個別確認は基本的にはしない方向である」と<回答>した。洗建・駒沢大学名誉教授は「問題外で信教の自由の侵害だ」と<強調>する。同問題の背景にはオウム事件のほか、ネズミ講団体「天下一家の会」の大観宮を宗教法人として<認証した、県独自の事情もあったと思われる>(3日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center