(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年1月-3月
号数 54
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *日韓研究者による無縁社会と移民の研究会
本文テキスト  韓国の円光大学ソウル事務所で「無縁社会と宗教者の役割:日韓の状況」をテーマとして1月6日-7日に東亜宗教学術フォーラム2011年度研究報告会が開かれた。今回の報告会では<特に国籍(あるいは国境)を超え、縁が断ち切れて寄る辺なき状態になった人々を、宗教者がさまざまな形で救援・支援している状況が紹介された>。韓国では近年、中国、ベトナム、フィリピンなどから多くの移民が来ており、女性の結婚移民も相当数存在する。また報告会では、社会貢献と布教伝道のジレンマについても論議された。金子昭・天理大学おやさと研究所教授の報告(26日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center