(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年1月-3月
号数 54
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *「君が代」処分で最高裁判決 映画公開も
本文テキスト  学校行事における国歌斉唱、「君が代」ピアノ伴奏に関わる懲戒処分を受けた東京都教職員らが処分取り消しを都教委に求めた3件の訴訟で、最高裁は1月16日に、上告した171人のうち2人の処分取り消しを認めた。原告の1人でクリスチャンの木村葉子氏は、一部勝訴だが「歯止めをかけた意味は」大きいと語り、「世の光、地の塩であるキリスト教会は、子どもたちの教育に、強い関心を向け改革のビジョンを持ってほしい」と<願いを述べた>。支援のキリスト者学生は「クリスチャンの学生の間でも『別に歌ってもいいんじゃない』という人がおり、意識の違いがある」と話した(ク29日付)。
 ドキュメンタリー映画「“私”を生きる」(土井敏邦監督。2010年製作)が1月14日から東京と大阪で公開された。大阪で「君が代」斉唱を義務づける条例が提出される状況のなか、この映画はそうした教育現場での統制や強制に<あらがう3人の都立学校教師を追ったもの>(キ21日付、ク8日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center