(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年1月-3月
号数 54
媒体 国内
大分類 【特設項目 東日本大震災関連】
小分類(国名等) ◆習俗・慰霊関連
記事タイトル *「幽霊見える」被災者の苦悩
本文テキスト  震災で多くの死に直面した被災者の中に、「お化けや幽霊が見える」と悩んでいる人びとがいる。「水たまりに目玉がたくさん見えた」「海を人が歩いていた」といった「目撃談」が絶えず、また遺体の見つかっていない家族が「見つけてくれ。埋葬してくれ」と枕元に現れる経験をした人もいるという。だが行政には対応できる部署はなく、親族や近所にも相談しづらい。宗教界では、彼らの心の傷を癒やす拠り所になろうと宗派を超えて取り組んでいる(産経・東京1/18)。
Copyright(c) Religious Information Research Center