(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年1月-3月
号数 54
媒体 国内
大分類 【特設項目 東日本大震災関連】
小分類(国名等) ◆その他
記事タイトル *「政教分離」で寺社再建厳しく
本文テキスト  震災で被災した寺院や神社が、公的支援を受けられないために、再建が行き詰っている。仙台市若林区の浄土寺は本堂が津波で流出した。同寺周辺の住民はいずれ公的支援を受けながら集団移転するが、宗教施設は支援の対象外。もし住民とともに集団移転する際は、本堂の再建費に加えて土地代6億円を負担しなければならない。同寺住職は「とてもそんなお金を、すべてを失った檀家に求められない」と嘆く。津波被害に遭った神社も同様の状況である。
 文化庁によると、宗教法人は憲法が定める政教分離の原則により直接的な公的支援を受けることができない。また、北海道砂川市が神社敷地として市有地を無償提供したことについて、最高裁が2010年1月に政教分離に反し違憲とした判例も、公的支援を慎重にさせる要因となっている。一方で、日本大学の百地章教授は「特定の宗教施設を支援するのは問題だが、コミュニティー維持のために平等に支援するのは問題ない」と指摘している(朝日・東京1/5、読売・東京・夕2/28)。
Copyright(c) Religious Information Research Center