(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年1月-3月
号数 54
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *宗教用語の手話表現への取り組み
本文テキスト  浄土真宗本願寺派では、聴覚障がいのある人に法話をわかりやすく伝えようと、手話による仏教用語の統一表現の作成を進めている。20年以上前から法要の際に手話通訳者を立ち会わせるなどの取り組みを行ってきた本山の西本願寺(京都市)は2011年、同派の門徒らによる仏教手話研究会がつくった仏教用語の手話表現をもとに、「煩悩」「本願」など48の手話表現を写真で紹介した冊子「手話で表す仏教用語」を出版した。カトリック中央審議会(東京都江東区)でも、「手話によるミサ次第」をまとめ、司祭らによる「手話ミサ」が行われている。全日本ろうあ連盟は一連の取り組みについて、「障がい理解に根ざした様々な取り組みを歓迎したい」としている(読売・大阪1/28)。
Copyright(c) Religious Information Research Center