(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年1月-3月
号数 54
媒体 国外
大分類 【5. アフリカ】
小分類(国名等) ◆ナイジェリア
記事タイトル *続くイスラム武装組織によるテロ
本文テキスト  ナイジェリアではイスラム過激派「ボコ・ハラム」(西洋の教育は罪の意)によるテロが相次いでいる。1月6日には北東部アダマワ州でキリスト教徒が集まった公会堂が襲われ17人が死亡、また、同日同州のキリスト教会も襲われ少なくとも8人が死亡した。1月20日には第2の都市カノで警察本部などが襲われ、少なくとも178人が死亡。2月19日には中部ナイジャ州スレヤのキリスト・エンバッシー教会で朝の礼拝中に爆弾が爆発、5人が負傷した。2月20日には北東部ボルノ州の州都マイドゥグリの市場で爆発と無差別発砲により、少なくとも30人が死亡。これらのテロはいずれも「ボコ・ハラム」によるもの。同組織はイスラム法(シャリーア)の厳格な適用を求めて2002年に発足し、09年以降キリスト教会や警察へのテロを繰り返している(毎日・夕2/23ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center