(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2003年12月-2004年2月
号数 22
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *イラク日本人外交官殺害事件の合同葬
本文テキスト  11月29日にイラクで殺害された日本人外交官、奥克彦さんと井ノ上正盛さんの合同葬儀が12月6日、東京・青山葬儀所で行われた。これに先立ち、外務省仮庁舎に設けられていた記帳所では、12月1日から5日間で5000人を越える記帳が寄せられた(毎日・東京 12/6)。国連のアナン事務総長も12月3日、国連活動に関係のない個人の死としては異例の弔文を外務大臣宛に送った(朝日・東京 12/4)。12月7日に東京・国立競技場で行われたラグビーの早明戦では、メインポールに半旗が掲げられ、約5万人の観客が黙祷を捧げた。大型ビジョンには早大ラグビー部OBの奥大使が映し出され、早大の選手は喪章をつけて出場した(読売・東京 12/8)。
Copyright(c) Religious Information Research Center