(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年1月-3月
号数 54
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆シリア
記事タイトル *ハマス最高指導者退任
本文テキスト  イスラム原理主義組織ハマスの最高幹部メシャル氏が1月21日退任の意向を示した。メシャル氏はこれまで、イスラエルに対し強硬路線をとるシリアを拠点とし、アサド政権の支援のもと組織活動を行ってきた。しかしアサド政権が「アラブの春」の影響を受け弱体化したことで、ハマスへの資金援助が減り、メシャル氏もハマス内部での求心力を失ったとされる。同氏退任後は、対イスラエル交渉で、武力闘争路線を敷くガザを中心とした指導部の影響力が増すとみられている(読売1/28)。
Copyright(c) Religious Information Research Center