(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2012年1月-3月
号数 54
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆エジプト
記事タイトル *コプト正教の教皇死去
本文テキスト  コプト正教の教皇シュヌーダ3世が3月17日死去した。享年88歳。同氏は1971年、コプト正教会の117代教皇(アレクサンドリア総主教)に就任。サダト元大統領のイスラム勢力寄りの政策を批判したことにより、81年から幽閉されたが、ムバラク前大統領が就任した85年以降、政権とは基本的に良好な関係を維持してきた。同氏は、2011年のムバラク大統領退陣以後も政府と融和的な関係を保ち、イスラム勢力の伸長に対しても穏健姿勢で信徒らを統率してきた。次期教皇は各教区の代表者による投票で上位になった3名を、子供が無作為に選定する方法で選ばれるという(産経3/19)。
Copyright(c) Religious Information Research Center