(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 専門紙
大分類 12月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *ビハーラ集会で「震災と医療」分科会も
本文テキスト  3年に1度行われる浄土真宗本願寺派のビハーラ活動全国集会が12月3日-4日に本山本願寺で開かれた。基調講演は東大病院放射線科准教授で緩和ケア診療部長の中川恵一氏が「日本人とがん」と題して行い、「心のケアによる延命は科学的にも証明されており、『治す』と『癒す』のバランスの取れた医療が大切」と語った。分科会では「震災と医療」部会が設けられ、被災地で心のケアに取り組んでいる森田喜治・龍谷大学教授が傾聴ボランティアとは何かについて話、「他人には何でもない存在が被災者にとっては特別の意味を持つ」と“もの”の意味を指摘した(10日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center