(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *永平寺が原発シンポ 曹洞宗の見解
本文テキスト  曹洞宗大本山永平寺は、永平寺町縁の村ふれあいセンターでシンポジウム「いのちを慈しむ―原発を選ばないという生き方」を11月2日に開催した。永平寺のある福井県は原発15基が立地する。福島県飯館村の酪農家・長谷川健一氏が原発災害の過酷な状況を報告し「子どもたちが差別を受けない社会づくり」などを<強く求めた>。
 脱原発運動を同県で実践してきた中嶌哲演・真言宗御室派明通寺住職は、47万7千人の被曝労働者や原発行政の諸問題などを示し、「少欲知足」の生き方を提起した。なお<シンポジウム開催によって「脱原発」の印象が先行した>ことについて、主催者側から「結論を導くものではない」と冒頭に趣旨が述べられた(10日付。中外日報8日付に同類記事)。
 同シンポジウムに先立ち、曹洞宗は11月1日に原発に対する見解を発表した。原発事故の深刻さに言及する一方、即時の原発停止は問題が多いとし、原発の是非について明言を避けている(3日付。中外日報5日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center