(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *国際支援 ラオスでの検診 タイの学資援助
本文テキスト  BAC仏教救援センターはラオスで6月から簡易移動検診を始めた。4つの村落にラオス人医療スタッフを派遣するもので、特に幼児への医療処置が急務であることに対応したもの。10月に同センターの伊藤佳通理事長が現地で検診に同行。深刻な病気が見つかったときの対処など課題は多いという。なお同センターはこれまで井戸掘り、学校建設などを行ってきている(1日付)。
 広島日タイ友好協会前会長の登世岡浩治・浄土真宗本願寺派安楽寺前住職が10月19日にタイのマヒドン・ワラヌソーン賞を受賞した。同賞は国王が社会貢献者を表彰するもので、17年間にわたるタイの貧困女子中学生のべ1
Copyright(c) Religious Information Research Center