(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *自死をめぐりカトリックと諸宗教がシンポ
本文テキスト  日本カトリック司教協議会諸宗教部門は10月29日にシンポジウム「宗教者の使命―自死をめぐって」を東京の麹町教会で開いた。パネリストは賀陽済・田無神社宮司(精神科医)、斉藤泰・大本企画部長、中下大樹・「いのちのフォーラム」代表(浄土真宗僧侶)、岡田武夫・カトリック大司教。岡田氏はカトリックがかつて自死は「神に対する大罪」との立場から、自死者を冷たく扱い差別を助長した過ちを反省したことを説明した。
 20代の自殺未遂者から見解を求められて、パネリストは<宗教的確信に基づいて宗教者が自死企図者や遺族、自死をめぐる事柄に向き合うことの重要性を確認した>(キ19日付、カ6日付。関連としてキ26日付、ク27日付に自死遺族の心のケアなどを行っているNPO法人グリーフケア・サポートプラザの創立10周年の記事あり)。
Copyright(c) Religious Information Research Center