(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *大震災を神学的にどう受け止めるか
本文テキスト  聖学院大学総合研究所カウンセリング研究センターは10月28日に、シンポジウム「東日本大震災を神学的にどのように受け止めるか―信仰と教会の再建のために」を東京の女子聖学院で開催した。柳谷明・日基教団隠退牧師が「被災地」、大木英夫・聖学院大学学長が「組織神学」、小友聡・東京神学大学教授が「聖書」、平山正実・聖学院大学教授が「死生学の観点」から発題を行った。柳谷氏は被災した新生釜石教会の壁や床が失われた状況と、津波直後に教会が、被災者が苦悩を語り、休息するための場となっていたことを報告し、<宗教間、被災者・非被災者間、地域住民と教会員との間に壁がなくなることが理想だ>と述べた。会場から「震災を『神の裁き』と短絡的に考えてはならないのか」との問いに対しては発題者4人とも否定的だった(キ19日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center