(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *曹洞宗が国際布教シンポジウム
本文テキスト  曹洞宗国際センターは10月4日に海外4総監を迎えて東京グランドホテルで国際シンポジウムを開いた。曹洞宗の国際布教は1世紀を迎える。当初の布教対象は日系人だったが、北アメリカの場合、ルメー総監によると日本文化に関心をもつアメリカ人が集まるようになった。その結果、先祖崇拝に重きをおく人、禅修行を求める人、文化的コミュニティとして集まる人があり、その調和をはかることが国際布教師の課題であるという。一方、ヨーロッパではフォルザーニ総監によると師と弟子の関係が、キリスト教の神と信徒のように「間違った理解をされることがある」。その危険性回避のため「文化や精神性の違いを」学ぶ必要があると<主張>した。また采川道昭・南アメリカ総監は現地の言語のできる人材養成や、専門僧堂の設置が必要と要望した(13日付。中外日報6日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center