(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *宗教者九条の和 原発事故と平和憲法
本文テキスト  「原発事故と平和憲法」をテーマとして、「宗教者九条の和」は10月1日に埼玉県熊谷市で第7回シンポジウムと平和巡礼を行った。基調講演者の土山秀夫・元長崎大学学長は福島原発事故後と66年前の原爆投下後が<類似していることを示唆>。「風評被害による社会的差別で、現地の人たちをいかに追い込んでいるか」と語り、基本的人権の意義を<力説し>た。採択されたアピールでは原発停止を訴え、<日本国憲法九条は人類全体の平和と安寧を実現する理想の規範である>と世界に呼びかけている(6日付。中外日報6日付、新宗教新聞、キリスト新聞15日付、カトリック新聞は16日付に同類記事。関連として27日付に大阪宗教9条ネットの記事あり)。
Copyright(c) Religious Information Research Center