(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *大阪の現代宗教対話協が初フォーラム
本文テキスト  現代宗教対話協議会は10月19日に大阪市で第1回のフォーラム「現代における宗教の意味と役割―諸宗教との対話を通して、明らかになる宗教の本質と価値―」を開き、松長有慶・高野山真言宗管長、アデリノ・アシェンソ・カトリック大阪大司教区諸宗教対話担当司祭らがパネルディスカッションを行った。
 山脇直治・東京大学教授(公共哲学)は地震や原発事故などの地球的リスクを前に、諸宗教は対話を行い「公共善の推進と公共悪の除去に貢献」すべきと指摘した。同協議会専務理事の竹内日祥・日蓮宗妙見閣寺住職は「宗教対話のできる僧侶を養成せねばならない」と語った(22日付。仏教タイムス29日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center