(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *地域の絆と縁を神社研究から探る
本文テキスト  国学院大学は10月1日に「地域神社研究のこれから―絆と縁の神社学―」と題する公開学術講演会を開いた。講師の櫻井治男・皇学館大学教授は研究史を概説したうえで地域コミュニティと神社の関わりについて言及。過疎離村や干拓地での神社創建の事例を紹介し、新たなコミュニティで人々の繋がりが形成される際には<機能的な問題だけでなく、情緒的・感情的な要素も重要となることなどを説明した>。さらに、東日本大震災を契機に絆や縁が何に基づくのかを神社研究の蓄積から振り返り、今後の社会でいかに活かすのかが問われていると<強調した>(24日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center