(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 国内
大分類 【特設項目 東日本大震災関連】
小分類(国名等) ◆習俗・慰霊関連
記事タイトル *被災墓地の再建をめぐる動き
本文テキスト  津波被害に遭った墓地を再建するため、被災者が墓石を撤去したり用地を自治体に寄付しようとしたりする動きがみられる。全日本仏教会(東京都港区)によると、津波で全壊した寺院は岩手県で8ヶ所、宮城県で37ヶ所、福島県で2ヶ所あり、多くは墓地も流された。早期の再建が望まれているが、自治体の復興計画のなかで墓地の扱いが定まっていない地域も多い。共同墓地での撤去を済ませ、高台での新墓地の造成と移転を自治体に求める声があり、私有地を寄付する意向を示す住民もいるが、厚生労働省は「公営墓地であっても区画は個人所有のため補助できない」としており、再建の見通しが立たない状況にある(読売・東京 12/4)。
Copyright(c) Religious Information Research Center