(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 国内
大分類 【特設項目 東日本大震災関連】
小分類(国名等) ◆宗教各界の動向
記事タイトル *仏教界と原発問題をめぐる動向
本文テキスト  東京電力福島第一原発の事故を受けて、「保守的」「物言わぬ」とされてきた仏教界でも、原発問題に関する様々な意思表明をする動きが出てきている。曹洞宗大本山の永平寺(福井県永平寺町)では11月2日、「いのちを慈しむ-原発を選ばないという生き方-」と題したシンポジウムを開催。約300人が集まった。ただし福井県には原発が林立し、曹洞宗の信徒にも関係者が多いため、実行委員の一人は「原発賛成でも反対でもない」と曖昧な発言もしている(東京・東京 11/3)。
 一方、真宗大谷派が9月9日に「原子力問題に関する公開研修会」を、京都府仏教連合会が11月5日に「原発依存社会への警鐘」と題した講演会をそれぞれ開催。また、臨済宗妙心寺派は9月の定期宗議会で「原子力発電に依存しない社会の実現」をうたった宣言を採択した(朝日・大阪 11/3、毎日・京都 11/13)。
Copyright(c) Religious Information Research Center