(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 国内
大分類 【特設項目 東日本大震災関連】
小分類(国名等) ◆その他
記事タイトル *被災地で離婚相談が急増
本文テキスト  震災以降、宮城県内で離婚相談の件数が増えている。宮城離婚相談所では4月から「離婚したい」との相談が増加。9月中旬までに百数十件に上り、2010年の同時期に比べ4割近く増えた。宮城家族問題相談所でも4月下旬から離婚相談が増え始め、1ヶ月の相談件数は50件前後と、2010年の同時期に比べ3倍程度に増えている。また仙台弁護士会が被災した女性を対象に5月と7月に実施した法律相談会では、30数件の相談のうち約8割が「夫が身勝手」「性格が合わない」など離婚に関するものだった。相談者には、震災前から夫婦関係に亀裂が入っていたケースが多く、震災後の避難生活などによる環境の激変や不満の増大をうけて、関係破綻が決定的になる場合が多いという(東京・東京・夕 10/3、産経・東京 10/17)。
Copyright(c) Religious Information Research Center