(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆中山身語正宗
記事タイトル *少女滝行死亡事件で、教団の対応
本文テキスト  8月に中山身語正宗玉名教会(熊本県長洲町)で中2少女が「除霊」のための「滝行」により顔に水を浴びせられて窒息死した事件で、同宗の大本山・瀧光徳寺(佐賀県基山町)の八坂親憲管長は10月4日、会見を行った。八坂管長は「滝行は、水を背中に当て顔や頭に直接当てないよう指導している。教義に「除霊」という考え方は存在しない」とし、「教義を逸脱した行為だった。指導不足は明らか」と謝罪した。また、傷害致死容疑で逮捕された僧侶を除籍処分とし、玉名教会を廃止すると発表した(熊本日日・熊本 10/5ほか)。 
 18日、逮捕された僧侶と少女の父親が傷害致死罪で起訴された。二人は起訴内容を大筋で認めているが、僧侶は「除霊のための宗教儀式だった」と主張しているという。裁判員裁判で審理される(日経・東京 10/19ほか)。
[→ラーク便り52号26-27頁参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center