(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 国内
大分類 【4.キリスト教】
小分類(国名等)
記事タイトル *潜伏キリシタン墓地を発見
本文テキスト  長崎市の垣内集落に残るキリシタン墓地について、地元研究者らのグループ「外海(そとめ)キリシタン研究会」は12月23日、禁教令が出されていた江戸時代初期に建立された可能性が高いと発表した。墓地は約120?で、石を長方形に並べた「長墓」と呼ばれる墓碑が64基で構成されている。墓碑群は、1600年代半ばから幕末・明治期にかけ、200年以上にわたり形成されたと推測されている。潜伏キリシタンの墓地が壊されず完全な形で発見されたのは初めてという(読売・福岡 12/24、長崎・長崎 12/24)。
Copyright(c) Religious Information Research Center