(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *婚外子の相続格差は違憲、大阪高裁
本文テキスト  結婚していない男女の子(婚外子=非嫡出子)の相続分を、結婚している夫婦の子(嫡出子)の半分とする民法の規定をめぐり、法の下の平等を定めた憲法に違反するかどうかが争われた家事裁判の抗告審で、大阪高裁が婚外子にも同等の相続を認める決定をしたことが10月4日、明らかになった。決定は8月24日付。1995年、最高裁は婚外子の相続規定を合憲と判断したが、高裁は「(同判断以降)親子関係の変化や国民意識の多様化など平等化を促す事情が多く生じている」とした。1970年以降、欧米を中心に各国で相続の平等化が進み、婚外子も増加。スウェーデンやフランスでは婚外子が出生の半分以上(2008年)を占めるのに対し、日本ではわずか2.1%(2009年)となっている(東京・東京・夕 10/4、東京・東京・夕 10/15ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center