(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *仏教界でも暴力団排除の動き
本文テキスト  暴力団排除条例が10月までに全国の都道府県で施行されたことを受け、暴力団排除の動きが仏教界でも進んでいる。天台宗総本山の比叡山延暦寺(滋賀県大津市)が6月、指定暴力団山口組(総本部・兵庫県神戸市)に対し、境内にある歴代組長(初代-4代目)の位牌への参拝拒否を伝え、山口組が7月上旬にこれを了承していたことが、11月17日にわかった。山口組の同寺参拝をめぐっては、2006年4月に滋賀県警の中止要請にもかかわらず歴代組長の法要を営み、批判を受けていた。その後は「宗教的信条への配慮」として親族のみの参拝を認めていたが、親族以外の参拝も発覚したことから同県警が同寺に対して参拝拒否の要請をしていた(京都・京都 11/18、産経・東京 11/24ほか)。
[→ラーク便り31号15頁参照]
 12月1日には、全日本仏教会(東京都港区)が暴力団による法要や葬儀を拒否する方針を再確認した。同会は1976年に「威力誇示や資金集めに利用される恐れのある法要、葬儀等は拒否しよう」と宣言しており、今後は改めて取り組み強化を求めていく。信教の自由については「亡くなった時は丁寧に弔わなければならないが、それと資金集めにつながる行為は別」と説明している(京都・京都 12/2)。
Copyright(c) Religious Information Research Center