(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *2体の仏像、快慶作と判明
本文テキスト  高野山霊宝館(和歌山県高野町)は10月21日、金剛峰寺(同町)が所蔵する「執金剛神立像」が、鎌倉時代を代表する仏師・快慶の作であることが判明したと発表した。仏像と台座を接続する左足首部分が9月の展示中に折れたことから調査が始まり、内部の空洞に快慶の作品であることを示す梵字と「阿弥陀佛」の4文字が記されていた(朝日・大阪 10/22、紀伊民報・田辺 10/23)。
 12月2日には、愛知県美浜町の大御堂寺の「阿弥陀如来立像」が快慶作と判明したと、富山大学の松浦正昭教授が発表。2011年春から調査が始まり、岡山県瀬戸内市の東寿院の快慶作阿弥陀如来像と表現様式が一致したことによるもの。同教授によると、仏像には「親鸞上人御彫刻」との墨書銘があったことなどから、親鸞が法然入滅の際に供養を目的に作らせた像と考えられるという(産経・東京 12/3、富山・富山 12/3)。
Copyright(c) Religious Information Research Center