(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 国外
大分類 【8. 北米・中南米】
小分類(国名等) ◆キューバ
記事タイトル *教皇の来訪を控えて2900人を恩赦
本文テキスト  12月23日、キューバ政府は政治犯を含む約2900人の受刑者の恩赦を発表した。釈放理由は家族や様々な宗教団体からの要望に基づく「人道的措置」であるとし、釈放の対象となる受刑者の大半は罪の軽い者や高齢者であるものの、「国家の安全」を脅かしたとされる反体制派の政治犯も「何人か」含まれるという。今回の決定は2012年春のローマ教皇ベネディクト16世の来訪を控えて、国際社会からの批判をかわす意図があると見られている。教皇のキューバ訪問は1998年のヨハネ・パウロ2世以来のこと(東京 12/25ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center