(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ハンガリー
記事タイトル *宗教法人法改正をめぐる議論
本文テキスト  7月に可決された通称「新・教会法」により、従来の宗教法人358団体のうち法人格が認められるのは14団体のみとなった。法人資格を喪失した団体は補助金や税制面での優遇措置を2012年以降失うことになる。これに対し、元ブダペスト市長など学識者15人が欧州委員会や欧州会議に基本的人権の保護について「介入」を求める公開書簡を提出した。欧州委員会は「干渉権限はない」と回答、欧州会議は慎重に分析したいと回答した。政府側は、法改正の目的は活動実績の乏しい団体を見極めて経済危機下の国家財産の浪費を防ぐことにあり、信教の自由を阻害するつもりはない、と反論している(毎日 10/4)。
Copyright(c) Religious Information Research Center