(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 国外
大分類 【5. アフリカ】
小分類(国名等) ◆ソマリア
記事タイトル *周辺国によるイスラム武装勢力の掃討進む
本文テキスト  首都モガディシオで10月4日、暫定政府の建物前で爆発物を積んだ車によるテロが発生、75人が死亡した。アルシャバブが犯行を認める声明をウェブサイト上に出した(産経 10/5ほか)。ソマリアとの国境に近いケニア東部では9月以降、アルシャバブによる犯行と見られるNGO職員などの外国人を狙った誘拐や殺人が頻発していたため、ケニア軍は10月16日、同勢力を掃討するために初めてソマリアへ侵攻した。これに対し、アルシャバブ側は報復テロを行うと反発(産経 10/17ほか)。
 さらに、11月20日までにソマリア暫定政府系の勢力やアフリカ連合(AU)と連携したエチオピア軍も、アルシャバブ掃討のために中部ベレドウェインに進軍していると報じられた。エチオピアは2006年にも米国の支援を受けてソマリアに軍事介入し、全土をほぼ支配下に置いたものの、逆に治安が悪化したため09年には撤退している(毎日・夕 11/26ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center