(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イスラエル
記事タイトル *パレスチナ国連加盟への反応
本文テキスト  パレスチナの国連加盟を目指す動きに対し、キリスト教界から支持の声が上がっている。エルサレムのキリスト教諸宗派の代表11人は9月16日、パレスチナ問題の協議による解決やイスラエルとパレスチナの共存と和解などを呼びかける声明を発表した。両国が独立国家として、国際法を順守し人権を尊重していくことを求めている(キリスト 10/1)。
 9月27日には教皇庁外務局長も、2国家共存へ向けて「勇気ある決断」をすべきと呼びかけた(カトリック 10/9)。一方、イスラエルのネタニヤフ首相は9月23日の国連総会演説で、イランやその影響を受けたイスラム武装勢力の「狂信主義」や核武装により、イスラエルはいっそう危険な状態に陥っていると述べ、和平が進まない理由はイランとパレスチナ側にあると主張した(赤旗 10/6)。
Copyright(c) Religious Information Research Center