(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆フィリピン
記事タイトル *イタリア人宣教師射殺
本文テキスト  ミンダナオ島の南部北コタバト州の山間部で宣教活動を行っていたミラノ外国宣教会のファウスト・テントリオ神父が10月17日、同州アラカンの「絶えざる御助けの聖母」小教区の敷地内で男性により射殺された。神父はアラカンで法と秩序の回復運動や鉱山プロジェクトへの反対運動を行い、最近では町民による防犯特別委員会の責任者に任命されていた。殺害事件を受けて教区、教会団体、環境団体が非難声明を出した(カトリック 10/30)。
Copyright(c) Religious Information Research Center