(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年10月-12月
号数 53
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆インドネシア
記事タイトル *「精管切断」イスラム容認で人口抑制へ
本文テキスト  インドネシアの人口政策を管轄する国家人口・家族計画庁が、「男性の精管切断手術はハラル(合法行為)」というファトワ(宗教見解)を掲載した小冊子を配布している。2010年に開かれたイスラム寄宿学校での討論会で、穏健派のイスラム法学者や学生、医療関係者の男性約200人が議論した結果、「子づくりをやめることと管理することは別」との結論で一致し、回復手術が可能とされる「精管切断」容認のファトワが出された。現在の同国の人口増加率は1.49%で、2050年には米国を抜いて中国、インドに次ぐ世界3位の人口を抱えることになる。一方、スハルト体制下で進めた人口抑制政策は行き詰まっており、同ファトワによる家族計画の再活性化を狙う(朝日 11/1)。
Copyright(c) Religious Information Research Center