(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 専門紙
大分類 9月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *日本宗教学会で宗務行政研究報告 新会長に井上順孝氏
本文テキスト  日本宗教学会は9月2-4日に第70回学術大会を関西学院大学で開催した。研究報告のうち、文部省宗教局(1913-1914年)設置100年を前に宗務行政に関する研究報告が2件行われた。1件は石井研士・国学院大学教授の「宗務行政の実施した調査とその特徴」で、石井氏は1947年から現在までの調査の推移を示した。変化の背景には宗務行政側の関心の変化、行政と民間の力関係、政教分離問題があるとし、「宗教団体のあり方は法体制に大きな影響を受ける」と指摘した。もう1件は大澤広嗣・文化庁宗務課専門職の「戦前の宗務行政―文部省宗教局を中心に」(15日付)。
 なお新会長には井上順孝・国学院大学教授が当選。学会賞は伊達聖伸・上智大学准教授の『ライシテ、道徳、宗教学―もうひとつの19世紀フランス宗教史』に贈られた(6日付。新宗教新聞に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center