(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 専門紙
大分類 9月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *原発災害で自然・人文科学者の責任問う
本文テキスト  日本学術会議哲学委員会、日本宗教研究諸学会連合などは9月18日にシンポジウム「原発災害をめぐる科学者の社会的責任―科学と宗教を超えるもの」を東京大学で開催した。大阪大学教授の小林傳司氏(科学技術社会論)は、原発の多重防護設備の事故を例に、提起された科学が解答できる領域を超えた問いである「トランス・サイエンス的領域」について解説し、原発のような巨大装置の場合、処理の結論を「専門家のみに任せていいのか、重大な問題」と指摘した。また東大教授の鬼頭秀一氏(環境倫理学)は科学者が中立的に対応しようとしても、<結果的には加害者として>振る舞うことになると述べた。パネリストはほかに、東大名誉教授・唐木英明氏(獣医薬理学)、東大教授・押川正毅氏(理論物理学)、東大教授・島薗進氏(宗教学)。司会は立正大学教授・金井淑子氏(倫理学)。
Copyright(c) Religious Information Research Center