(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2011年7月-9月
号数 52
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *原発事故地帯の寺院と盆の状況
本文テキスト  福島第一原発事故による緊急時避難準備区域(原発から20-30km圏)である南相馬市の寺院と、8月上旬におけるお盆の状況のレポート。同市では7万人の人口が原発事故後に半減し、真言宗豊山派泉龍寺の盆施餓鬼法要の参列者は例年の半分だった。檀家の多くが避難生活を余儀なくされているためだ。「(津波犠牲者の)納骨が済んでいない人の方が多い。地震と津波で墓をやられ、原発事故による屋内退避の影響で修復も進んでいない」と石川信光住職は語る。地域で農業はできず、企業も移転。若い世代は避難先で生活を確立すれば戻ってこない。寺院の地域基盤の崩壊である。「東京電力原発事故被災寺院復興対策の会」は、放射能汚染のない土地に新しい寺町をつくるよう国と東電に求めてゆく運動を開始した(11日付、18日・25日合併号。7月の項参照)。
Copyright(c) Religious Information Research Center